フレブル小春との生活日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大好きなストーブの前で昼寝です。

リラックスしてもらえたら、それで何より。

あ、プル子の足もリラックス~ だらけてますが ご勘弁を・・・・

2010.3.小春退院後 023  rs

まだ、寒い日が続きます。

プル子が休みの日は小春のため(プル子のため?)に

1日中ストーブつけてます。特に小春が具合悪くなってからは

旦那さんと「小春のために」が合言葉に。だからストーブも今年は

ケチりません!灯油代がなんだ~!

明日もせっせと稼ぎます





スポンサーサイト
26日、小春が1週間振りに我が家に戻ってきました。



2010 005 lki

ひと周り痩せて、ウェストラインくっきりしてます。

2010 008 hf





旦那さんと2人きりの、ドヨ~ンとしたグレーの日常に、ピンク色が加わった感じです。

どれだけ小春の存在が大きかったことか。



たぶん私より、旦那さんの方が嬉しかったかも。

小春と一緒に眠る旦那さん、ずっとにやけてました。

普段、陽気でおしゃべりな旦那さんが、小春の入院してから

大人しかったもんな~

入院中、ゲージの隙間から小春をナデナデするプル子に対して

旦那さんは一切小春に触らなかったんです。

後から聞いてみると、それで最後になるんじゃないかとおもって恐かったと・・・。






2010 004 njuig

「お父しゃん、泣かないでね」











それから

ちょうど小春と同じ時期に入院した福ちゃん。

みなさんのブログで突然の訃報を知り驚いています。


小春も正直、入院初日は命の危険もあったから

Pちゃん、親方さんの気持ち、痛いほど感じます。

福ちゃんも元気になる!そう思っていたから・・・

今回の朝霧が初対面になるとおもっていたから・・・ショックでした。









命には限りがあるのは分かっている。けど、その時は恐い。恐くてたまらい。

病気の前も、毎日「小春~大好きだよ~」を連呼して抱きしめてたけど

入院している間、もっといろんな思い出つくってあげればよかった、まだ抱きしめたりない

ってずっと思ってました。

これからも小春の命ある限り、もっともっと小春を愛したい!

そして多少甘やかしてもいい!小春の好きなこと、楽しいことさせてあげたいです。







2010 010 kh











2日間の病院の休診日を乗り越え(この間、小春に面会できなかったのです

状態よければ、もしかして~ もしかして~の退院の日(仮)





今日は朝いちで動物病院に面会にいくと、大分数値は落ち着いたものの

まだGPTが下がり切ってないので、今日は退院見合わせた方が良いとのこと。

ええええ~!気持ちはもう連れて帰る気満々だったんでショック!



<入院してからの検査数値の経過>

GOT 1197   318  12453 正常値(10~50)
 
GPT 2743  1772  1390603 正常値(15~70)


たしかにまだ数値が高かいんですよねえ。

まあ、ショックだけど小春の顔を見たらそれも吹っ飛びました。

面会すると、当の本人は以前より元気そうで、ゲージの中からプル子のことジ~ッと

目を離さず見続けてくれました。前回はちょっと目がうつろでプル子のこともそんなに見る余裕も

なかったもんね。



先生は「今のところそんなにストレスもなさそうです。

    大人しいですよ。なんというか 健気というか」って・・・・。



まさか先生から “けな気”なんて出ると思わなかったので

プル子はその言葉に心の中は号泣の嵐。こ~は~る~

知らないワンコちゃんがいる知らない環境で、

小さい体で耐えてくれてるんだね~

ウォ~ウォ~ウォ~愛おしい子じゃあ~






面会してからは考えも気持ちもスパッと切り変えられ


“ここで無理して連れて帰っても、小春のためにならない!”


前向きな気持ちでに入院継続をお願いしてきました。


2日後が正式退院日になります!








この悩殺ポーズを見れるのも、もうすぐ!

2020.3 092 k











3月21日


今日は旦那とプル子2人とも仕事のため、小春の面会には残念ながら行けませんでした。

なので旦那さんに動物病院に電話で小春の状態を確認してもらったところ元気だそうです。ウルウル

採血データもさらに良い方に向いてます



GOT 1197   318  124
 
GPT 2743  1772  1390

 GOTとGPTはほとんど同じはたらきの酵素です。しかし、GPTは肝臓の細胞にだけあるのに対して、
GOTは肝臓の細胞以外にも心臓の筋肉や手足の筋肉、血液の赤血球の中にもあるという点で少しことなります。






22日と23日は病院の休診日なので、特別変わりがなければ連絡は来ません。

なので24日のデータがいかに下がってるかですねえ

この調子で薬が効果を発揮してくれますように。





久々の小春画像は体調崩したその日のものです(3月19日)

2010.3 033 k

夜中の寒い台所でうずくまる小春。

なんか嫌な予感がして、これ1枚を写真に収めました。

小さい体の小さな肝臓が悲鳴あげてたんだもんね 動けなかった訳だよね。





もうひとつ写真

これは前の日(3月18日)のもの。シャンプーしてストーブの前で乾かしてた時の写真です。

2010.3 018 h

まさかこの日の夜中に具合が悪くなるとは・・・・・

ワンコは言葉に出せない分、ちょっとした変化が見逃せない。

正直、今回は夫婦二人とも在宅だったから良かったものの、2人とも夜勤で

居ないという事も十分あり得たので、それだけは本当に良かったです。



小春が退院したら当分はどちらかが居るようにして

2人とも居ない時は、歩いて2分に住んでいる義母さんに面倒みてもらう予定です。


24日当初の予定通り退院できるかな?

こらこらプル子!焦らない!焦らない!









昨日の夜は、旦那さんと2人きりの我が家。
我が家に戻ると、小春のいないことを嫌でも感じてしまいます。

PCに小春の画像が映しだされるだびに涙がとまらない・・・
ちょっとした瞬間に思いだされてボロボロ涙涙涙。

旦那さんが製氷機の氷を取り出した時、いつもなら氷のガサッという音に反応し
ダッシュで走って氷を催促する小春。
でも今日は小春がいない・・・・
それまで気丈に振舞っていた旦那さんが台所からプル子に
「氷取りにいっても、小春いないし・・・・」と目を真っ赤にして声震わせて泣いた。

もう、2人で大号泣
小春の今後のこと話してはまた大号泣。
一日泣きました。


*************************





ここからは入院二日目の話です。
プル子は仕事のため、休みの旦那さんに小春の面会と採血結果を聞いてもらうことを
お願いしました。
仕事の合間に旦那さんからのメールを確認すると、
GOTが1197→317に!!平均値が10~50だからまだ高いものの
昨日と比べ物にならないほど数値が下がっていました。
やった~やった~ってトイレに駆け込み小さい声で何回も声に出して喜びました。


仕事が早く終わったので、帰りに小春の面会に行きました。
昨日よりは目の鋭さが落ち着いているように見えました。
先生は、この調子なら水曜日には退院できるかもしれないと。
そして先生に再度、なにか今回の件で思い当たることありませんか?と聞かれました。
思い当たるふし・・・・・何もないけど、日本酒の飲んだ後のコップをペロペロしたのは
大丈夫ですか?と一応確認しました。
先生は御猪口一杯飲んだなら原因あるかもしれないけど、そういうのは大丈夫ですよと。
ちょっと心配で気になっていたので聞いてホッとしました。




とにかく数値が下がっていて良かった。良かった。
少しずつ数値が正常値に戻ってくれるといいな
入院はまだ続くけど、昨日の絶望感からは抜け出し、前向きな気持ちです

小春が元気になったら迎えにいくど~ 待ってろよ小春~














・実は昨日(19日)、小春が入院しました。
 昨日の段階で、状態がどう転ぶかは判らず不安な気持ちや、その状況を記しておこうと思い
 パソコンに保存しておきました。



・今日(20日)になり状態は少し良くなったため
 ブログにアップしようと思いました。
 それはこの時の事を、この時の気持ちを忘れないように
 また、自分の記録として。




************************************







3月19日 午前4時に小春の「オエッ オエッ」という嘔吐で目が覚めた。
1回目は泡立った唾液様のもの、2回目は同様のものに血液が混ざったものだった。
日中、庭に出した時、好物の落ち葉を食べていたので葉っぱでも吐くかな?と思ったけど吐かず。
そのまま台所の方までヨロヨロ歩くが、歩き方も力ない感じで、床にぺたりと座りこんだ。
そして、上手く立ち上がれずに腰が下がったままウンチをしてしまう。


小春の大好きなストーブをつけても来ようともせず床に寝こんでしまう。
30分程して、ようやくプル子の方に歩いてきた。

そしてストーブの前まで来て、眠り込んだ。

朝が来て、様子は変わりなくしていたが、夜の様子に異変を感じていたので
朝いちで旦那さんといつもの動物病院に行った。


先生に小春の様子を説明すると診察した先生は「いつもの元気がないし、体も脱水でヨボヨボだね」
と話した。
そのまま点滴をするとともに、採血やレントゲンの検査をするため、夕方まで病院に預けることになった。



夕方、指定された時間に小春を迎えに行くと、診察室の診察台の上に小春は居なかった。
先生が、採血の結果「肝臓」の値が異様に高いとのこと。
先生が言うには「急性肝炎」もしくは慢性になっており「慢性肝炎」か・・・という事だった。
「何か除草剤のかかったもの食べたり、お腹ぶつけたりしてないですか?」と聞かれたが
全く思い当たらなかった。

犬の肝炎の大部分が原因不明だとも説明受けた。


とりあえず、このまま入院し、点滴や抗生剤を投与して採血で様子をみることとなった。
急性であれば翌日の採血で数値は下がるはず、慢性であれば、急激な上昇もなければ下降もない・・・

すべては明日の採血で決まりそうです・・・
今日の所、肝臓の障害を表すGOTの正常値が10~50のところ、小春は1197。
半端ない数字に愕然としました。目の前が真っ暗で、その場で先生の話を聞くのがやっとになった。


帰る前に小春と面会し、撫でられる小春をみてたら涙がでそうになった。
涙はグッとこらえ「大丈夫だよ 大丈夫だからね」と、ナデナデするので精一杯だった。

明日は仕事のため旦那さんが午後に面会に行ってくれる予定。
明日の採血結果で数値が少しでも下がってくれることを祈って。



***********************************


ここまでが昨日までの経過。
その時の絶望感もあり、無心にパソコンに打ち込みました。


一日経ち、今日の採血結果で肝臓の数値も昨日より大分落ち着きました。
今日の様子はまた次に・・・・・









まだまだ寒い日が続きますねえ

今日の仙台は雪がチラついてました 寒い訳です




今朝の我が家はいつになくマッタリです

旦那さんに抱っこされる小春。いつもの風景です。



ががががが!今朝の小春はひっくり返ったまま抱っこされてました!

2020.3 001 rr

旦那さんとからむと、いつもお転婆娘の小春なのに・・・・

随分と大人しいこと 大人しいこと



奥に焼酎「鏡月」がありますが、これは朝の風景。

もちろん朝から飲んでる訳ではないですよ~




2020.3 004 bb

小春さん、お父しゃんの腕が居心地良かったのかな

んでも、足は閉じなはれ~






い、いかん・・・・


最近ブログさぼり気味です





小春先輩は変わりなく過ごしてます。

ただ、先輩は最近 大人の階段の~ぼる~ でして.....


お父しゃんと一緒に酒を酌み交わして飲んだくれてます。はい。

2020.3 027 mg

実はこれ

日本酒飲んでると、小春が強引にオチョコを舐めようとしてくるんです。

もちろん舐めているのは空になったオチョコだけど、どうなんでしょうね~


2020.3 041 n

飲んだくれの旦那のほかに、飲んだくれの小春先輩・・・

将来が不安です






| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2010 PURU HOUSE, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。